年齢による問題ではない目のたるみ、眼瞼下垂とは

美容外科で治す眼瞼下垂~保険適用も可能~

  • TOP
  • >
  • 二重手術も受けられる

二重手術で眼瞼下垂を治療する

トレーニングやアイメイクなど、自力での改善で効果が得られなかった場合、改善するには専門のクリニックを受診する方法しかありません。重度の眼瞼下垂の場合、体の負担や日常生活での支障が現れるため、美容目的以外にも治療を行なう意義があるのです。

眼瞼下垂の二重手術をどこで行なうか

眼瞼下垂は目に現れる病なので、眼科に受診するべきだと考える人も多いでしょう。しかし、眼科では基本的に皮膚の切除や縫合といった手術は行なわないため、眼瞼下垂の手術ができるクリニックは少ないのです。眼瞼下垂の手術にしっかりと対応できるのは、「形成外科」と「美容外科」のどちらかです。形成外科では基本的に保険適用での手術となるため、重度の眼瞼下垂の手術は安く行なえるものの、軽度の場合は対応できない場合があります。美容外科は自由診療である反面、重度から軽度の治療や、要望に合わせた治療法などにも幅広く対応できるのです。

二重手術について

まぶたが厚ぼったく、目が小さい人に適用される治療法は、「二重手術」です。眼瞼下垂などによる症状にも、この二重手術が利用できる場合があります。

二重手術だと保険適用されないのでしょうか?
医療保険は日常生活に支障がでるような重篤な症状に適用されるものです。単純に美容目的の場合、保険の利用は難しいでしょうが、重度の眼瞼下垂などの治療を目的とするなら保険が適用される場合があります。基本的に保険適用による治療は形成外科の範疇ですが、最近では保険医療指定機関に認定された美容外科も多いので、保険を利用しての施術を受けることもできるでしょう。
保険適用になる場合はどんな時ですか?
保険適用される病とは、日常生活に支障がでるレベルの病です。重度の眼瞼下垂が認められた場合です。「自力でまぶたを開けることができない」「瞳孔までまぶたが下がっている」「上まぶたによって視界が大きく遮られている」といった症状が見られ、日常生活でも視界の狭さで影響が出ている場合、保険適用によって治療が受けられます。
保険適応できる治療法はどんなものですか?
保険適用がされる治療法は、いわゆる「切開法」による治療法です。上まぶたを切開し、腱膜を縫い止めるといった手術が行なわれます。安く治療を受けることができますが、自由診療での治療を行なう美容外科のように、傷跡がより目立たない治療法や、仕上がりをより美しくするといった治療法を受けることはできません。
形成外科と美容整形外科ではどんな違いがありますか?
両者の違いをざっくりというと、「治療目的か美容目的か」といったことでしょう。形成外科は治療を目的とするクリニックです。日常生活に負担が生じるほど重度の眼瞼下垂の治療は行ないますが、軽度の場合は治療の必要はないとして断ってしまうことがあります。対して美容外科は、美容を目的としているクリニックなので、軽度の人でも問題なく治療が受けられるでしょう。眼瞼下垂の治療のほか、二重整形や目を大きくする施術など、美容に目を向けた手術も受けられます。

眼瞼下垂に効果的な手術方法

眼瞼下垂の治療を受ける場合、どの症状の人でも治療が受けられる美容外科を利用する人が多いです。美容外科での効果的な手術方法とは、どのようなものがあるのでしょうか?

眼瞼下垂の手術は要望に応えてくれる

女の人

眼瞼下垂になる人の多くは、一重まぶたや奥二重の人です。眼瞼下垂の治療を受ける場合、せっかくなら二重手術も受けておきたいと考える人も多いでしょう。美容外科では、こうした手術の要望もしっかりと答えてくれます。形成外科でもある程度は要望を聞いてくれますが、美容外科であればより細かいデザインの希望を出すことができるのです。

手術の種類

以下は、美容外科で主に行なわれる眼瞼下垂の治療法です。治療を受ける前に、どんな治療法なのかあらかじめ調べておきましょう。

挙筋前転法
挙筋前転法は、延び・緩みがある挙筋腱膜を瞼板に固定する手術法です。まぶたを切開して内部組織を手術するのですが、挙筋腱膜やミュラー筋を傷つけずに済ませられるため、健康的に症状を改善させられます。
埋没式眼瞼下垂術
埋没式眼瞼下垂術とは、いわゆる「切らない眼瞼下垂治療」と呼ばれる方法です。まぶたの裏から針を使い、緩んだ挙筋を糸で結ぶことにより、挙筋を短縮し目を大きく開かせることができます。メスを使用しないので傷跡が目立たず、さらにまぶたの裏から行なうため、腫れや内出血も見られないのが利点です。
上眼瞼切開術
上眼瞼切開術は、簡単にいえば垂れ下がるまぶたを切除・縫合して、目の開きを改善する手術法です。眼窩脂肪などを切除した後、皮膚と瞼板を糸で固定し、縫合することで眼瞼下垂を治します。
経結膜挙筋短縮法
経結膜挙筋短縮法は、伸び切った眼瞼挙筋や挙筋腱膜を切除した後、瞼板に固定する施術法です。裏側の結膜を切開するため、傷跡が目立ちにくい手術方法となっています。また、ミュラー筋を傷つける恐れがあるため、難易度の高い手術ですが、重度の眼瞼下垂も治療ができる方法です。
大腿筋膜移植
大腿筋膜移植は、太ももにある大腿筋膜を使用し、まぶたに移植する手術方法です。筋膜を短冊状に採取して、前頭筋と瞼板につなぐことで治療を行ないます。太ももを切開する必要があるため、体の負担は大きい方法です。しかし、まぶたに筋力がない人でもしっかりと目を開けられるようになります。

TOPボタン